活動報告
山形市

山形市消防本部で資材寄附されたセーフティボートを使用した高齢者(車椅子)救出訓練を実施

山形市消防本部で資材寄附されたセーフティボートを使用した高齢者(車椅子)救出訓練を実施のタイトル画像

【訓練概要】

令和2年7月28日、大雨による冠水で自宅等に15名もの要救助者が取り残され救命ボートを使用し救出しました。今後、従来のボートでは救助困難な場所や介護施設等の高齢者及び歩行困難な要救助者の救助活動を想定されることから、令和3年度導入されたセーフティボート(硬質ウレタンが注入されている艇体)を使用し、車イスごと、救出し搬送する訓練を実施しました。

参加希望の消防団体および支援をしたい協賛企業は随時募集中ですので、お気軽にお問合せフォームからご連絡ください。